2006年03月11日

チーム・バチスタの栄光

『チーム・バチスタの栄光』(¥1,680 (税込)/宝島社)

『このミステリーがすごい!』大賞の第4回大賞受賞作。現在動物医の海堂尊著、現役の医師だからこそ描ける医療現場のリアルな描写と、ユニークな登場人物のキャラクター設定が大評判!発売1ヶ月で18万部突破!!

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。

ハラハラドキドキ、臨場感のあるとても面白い本です。一気に読んでしまいました。

posted by ゆず at 21:12| Comment(4) | TrackBack(1) | 小説・物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

リーダーシップのノウハウ・ドゥハウ

『リーダーシップのノウハウ・ドゥハウ』(¥1,575 (税込)/PHP研究所)

チームを率いるリーダーはもちろん、これからリーダーになりたいと思っている人も必読の一冊です。

「コーチングの限界」が今、ささやかれている。答えは相手の中にある、相手の話を聞く、というコーチングのスタンスを鵜呑みにするだけでは、人は誰もついてこないことが明らかになってきているからだ。では真に人を導き、チーム全体を進化させるために必要なものは一体なんだろう? それこそが「リーダーシップ」に他ならない。コーチングはその中の一つの手段に過ぎないのだ。本書は、そのリーダーシップを鍛える手法を紹介する。

数あるリーダーシップ本の中でもひと味違い、トップとしてのリーダーシップではなく、チームのリーダーとして行動するためにはどのようにすればよいかが書いてある本です。

posted by ゆず at 20:01| Comment(11) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

翼の折れた天使たち

『翼の折れた天使たち 空』(¥1,200 (税込)/双葉社)
『翼の折れた天使たち 海』(¥1,200 (税込)/双葉社)

今日は2冊ご紹介します。

“送り出す作品が全てベストセラー”の人気作家Yoshiの書き下ろしで、旬の若手人気女優4名が豪華競演!フジテレビ4夜連続ドラマの原作本。『翼の折れた天使たち 空』と『翼の折れた天使たち 海』の2冊です。

2月27日(月)第1夜「セレブ」上戸 彩 主演
2月28日(火)第2夜「ライブチャット」堀北真希 主演
3月1日(水)第3夜「アクトレス」山田 優 主演
3月2日(木)第4夜「スロット」上野樹里 主演

Yoshiは小説以外にラジオ番組のパーソナリティ、作詞や監督など多方面に活躍の場を広げ、いま最も注目される「表現者」のひとり。2001年1月、「自ら波を作っていきたい」という気持ちから、携帯サイト「ザブン」を設立。自らのサイトで連載した『Deep Love』シリーズで作家デビューし、ケータイ小説の生みの親といわれる。

フジテレビをご覧になって、面白いと思った方、これが原作本です。

「告白から生まれた“生きるための聖書”」

内 容 (各5話ずつ)
空: 「ホステス」「コスプレ」「スロット(ドラマ化)」「セレブ(ドラマ化)」「空」
海: 「女優(ドラマ化)」「ゴミ」「キャバ嬢」「ライブチャット(ドラマ化)」「海」







posted by ゆず at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

80対20を覆す「ロングテールの法則」

『80対20を覆す「ロングテールの法則」』(¥1,575 (税込)/東洋経済新報社)

エンプレックス(株)取締役兼最高ソフトウエア開発責任者菅谷義博氏の単行本です。
ネット業界で話題の「ロングテール現象」を解説した本邦初の本。「顧客を切り捨てる」マーケティングから「全ての顧客を対象にする」マーケティングへの変貌を克明な取材で紹介しています。

私の知っている80対20の法則は『パレートの法則』です。ロングテールの法則は、いわば逆パレートの法則です。

上位2割の売上を下位8割が逆転する。ブロードバンド時代の驚異のマーケッティング戦略を初公開exclamation×2

目からウロコ本ですひらめき




posted by ゆず at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

40翼ふたたび

『40翼ふたたび』(¥1,575 (税込)/講談社)

石田衣良が初めて描く同世代のドラマ。
40歳から始めよう。 人生後半、胸を張れ。著者、会心の長編小説が誕生exclamation

人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。
投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作exclamation

私も同世代の人間です。胸を張って生きて行こうと思いますわーい(嬉しい顔)




posted by ゆず at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

[新版] MBAクリティカル・シンキング

『[新版] MBAクリティカル・シンキング』(¥2,940 (税込)/ダイヤモンド社)

すべてのビジネス基礎として絶大な支持を受けてきたクリティカル・シンキングが大幅改訂。
ビジネスパーソンの仕事に役立つ論理的思考方法とは。論理展開、因果関係、構造的アプローチ…。思考の効率を上げるために最低限必要な方法論とフレームワークを選び出し解説されている。実践に即した演習問題も多数掲載されています。

私もビジネスマンです。MBAとかにも興味があります。この本は今日購入しました。まだ読み始めたところですが、休み中に読みきりたいです本

ビジネスパーソンが絶対身につけなければいけないスキル、それがクリティカル・シンキング(論理的思考力)です。「課題解決に当たって、どのような手順で考えるべきか」──合理的・科学的な思考プロセスを提示し、演習の繰り返しで習得します。


posted by ゆず at 00:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

プロフェッショナル広報戦略

『プロフェッショナル広報戦略』(¥1,575 (税込)/ゴマブックス)

参議院議員、世耕弘成氏の単行本です。全国主要書店にて続々ランクイン!新聞・TVなどで続々紹介!党改革のブレーンがいま明かす、2005年衆院選『自民圧勝』のノウハウ!

2005年衆院選で小泉自民党を歴史的圧勝へと導いた「コミュニケーション戦略チーム」の全貌が明かされる。組織の目標達成に不可欠な広報戦略と、その本質である組織内外とのコミュニケーションの重要性について提言する。

広報戦略の重要性について、成果を収めるためには相応の準備があるという事が、分かり易く書かれている本です。

私は別に自民党の事を紹介したかったわけではなく、純粋に広報戦略の大切さを皆さんにご紹介したくて、この本を採り上げました。他の政党フアンの方、ご理解下さいませふらふら

posted by ゆず at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

白夜行

『白夜行』(¥1,050 (税込)/集英社)

東野圭吾の作品です。今日は文庫本の方をご紹介します。分厚い文庫本です。

19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長篇。 (解説・馳臓星周)


私はドラマから入りました。『セカチュー』の綾瀬はるかが、どう演技をするのか興味がありましたので・・・。

ドラマでは、最初に原作のクライマックスシーンをもってきています。本の方では先を読んでいる状態で、最存に至る描写を読み進んでいきます。

原作の手法は、それはそれで嫌いではありません。亮司と雪穂の接点をクローズアップしたドラマの手法と比較すると面白いかもしれませんわーい(嬉しい顔)

posted by ゆず at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

包帯クラブ

『包帯クラブ』(¥798 (税込)/筑摩書房)

今日は、『家族狩り』『永遠の仔』の作者、天童 荒太の実に6年ぶりの書き下ろし長編小説『包帯クラブ』です。

この時代に生きる人たち、特に、今の社会が生き難いと感じている若い人たちに語りかける、6年ぶりの書き下ろし小説。 社会性のある重いテーマを扱ったものが多かった今までの作品に比べると、「軽い」感じ。

今まで「重く」感じ読み辛いと思っていた人も、きっと肩の力を抜いて読むことができる。カジュアルな新書スタイルの小説ということで、著者が若い読者層を意識し、明るい作風でトライしたのだろう。お勧めexclamation

posted by ゆず at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

「Sweet」「Bitter」「TOUCH」「*Jr*LAST STORY」

『「Sweet」「Bitter」「TOUCH」「*Jr*LAST STORY」/ぶんか社』

三日間記事の投稿が出来ませんでしたので、今日は一挙に写真集2冊とDVD2種類のご紹介です。

美少女アイドルを多数擁しているオスカープロモーションの清浦夏実と彩月貴央の写真集とDVDです。2006年2月24日同時発売!









詳しくはこちら→http://model.oscarpro.co.jp/news/news003.html
posted by ゆず at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。